木のおもちゃ屋MOMO店長の「あしただね。」

2016年夏休み日記『HOUSE VISION』 に行ってきました。

 

夏のお休みの日。

娘に誘われて、東京の青海で開催されているHOUSE VISIONに行ってきました。

 

HOUSE VISION は企業と建築家/クリエイターとの協働によって、

家のあり方を考えながら未来を具体化してみる試みです。(HOUSE VISION テキストより)

 

小学生の時、図工の時間に、大きな模造紙で『未来の町を描きましょう』という時間がありました。

家に帰り、ボタンを押すと、ごはんが出てくる。とか。

自動でマッサージするとか。。想像して描いたなぁ。

こどもの頃の未来への気持ちを思い出しました。

 

台風が近づいていたこの日、チケットを買って入場しました。

 

8月28日(日)最終入場受付19:30 までということです。

 

 

reddot10p.jpg『の家』

 

長い一枚の壁でできている家。

屋根はテントの膜の丸い屋根を乗せています。

軽くて、どこにでも建つんですって。

長い壁が、『の』のかたちなので『の家』というのだそうです。

 

部屋の壁はスクリーン。

映し出されているのは、氷河の上に建っている『の家』

 

 

壁のスクリーンで

映画、音声コミュニケーション、webサイト。

距離があっても、遠くの人と場所とつながれるのだそうです。

 

 

reddot10p.jpg『木目の家』 凸版印刷 × 原デザイン研究所

 

「あの、太い丸太は本物ですか?あんなに太い木を掘って、家を作っているのですか?」と会場の方に聞きました。

「これは、プリントです。印刷です。」

 

 

現代の技術と人の想像力の協働!

近未来の家を想像し建ててしまった。面白い住宅展示場でした。

 

 

reddot10p.jpg『吉野杉の家』Airbnb × 長谷川 豪

 

『Airbnb』は、携帯電話で宿泊施設や一般家庭の空き部屋を探すシステムをやっている、スゴい会社です。

世界190ヶ国の人が利用し、多い時には1日100万人を越える人がAirbubをつかい他人の家に宿泊しているそうです。

 

その、Airbnb と 建築家 長谷川 豪 さんの生み出した近未来の家は

 

 

吉野杉と檜で作られた家です。

広い縁側と広い窓。

ここは、コミュニティーハウスです。

 

 

家の裏も、かわいい。

木そのもののやさしさが、集合して家になっています。

 

 

家の中。1階は、みんなの空間。

近所の人も、お年寄り、お母さんもこどもも、みんなで立ち寄るカフェなんですって。

吉野杉の色や香り、肌触りが、ここちよい居心地をつくります。

 

 

階段を上がると2階はゲストハウス

 

 

布団が敷いてありました。

 

 

吉野杉の家は、展示後は奈良県吉野町の川沿いに移築されるそうです。

本当の、コミュニティハウスになるのですね。楽しみです。

 

 

reddot10p.jpg 賃貸空間タワー  

 

賃貸住宅の『個人の空間』と、『共用の空間』を積み木のように積み上げた建物ということです。

 

 

個人の空間。

部屋

 

 

共用の空間

キッチン

 

 

共用空間

 

 

広くて、のびのびなお風呂

 

 

共用空間

住人の本棚を1ヶ所に作れば、ライブラリーに

 

 

ライブラリーからの、眺めもいい。

 

 

知らない人との賃貸の暮らしに、共用空間。

新しいかたちです。

 

reddot10p.jpg 凝縮と開放の家 LIXIL × 坂 茂

 

PHPパネルを使って建てられた家。

(PHPパネル:紙のハニカムボードを合板で挟んだパネル。)

 

 

家の構造も、すごいのですが、

私がさらにビックリしたのは、『水回り一体式家具』です。

 

見たところ、つまらないキッチンと思われますが、このキッチンは

 

 

キッチン、トイレ、お風呂、洗面、洗濯、水回り一体型家具なのです。

 

 

つまり、この家具を置くだけで、生活の水回りが揃う。室内の床下の上下水道工事無くていいんです。

全ての配管は、写真の中央の人の頭の上の部分まとまっています。

 

 

例えば、小屋や、カレージ、倉庫に、この水回り家具を置けば突然快適に生活できるのです!

10年後にあたりまえになっていたりして。

 

reddot10p.jpg 休憩カフェもいい感じでした。

 

 

アイスコーヒーと羊羹をいただきました。

 

 

 

reddot10p.jpg冷蔵庫が外から開く家 「近未来のご用聞き」だ!

 

小学生の時の私もこれは考えつかなかったシステム

ヤマトホールディングさんが考えつきました。

 

冷蔵庫が外から開くのです。(八百屋さんスーパー用)

洋服ダンスが外から開くのです。(クリーニング屋さん用)

 

家の外

暗号やなにかの特別な仕組みで特別の人が開けられる冷蔵庫。クリーニング洋服ダンス。薬局系品。

 

外から、入れてもらったものは、家の中から取り出せるのです。

 

家の中

会わなくても、買える、受け取れる、

近未来のご用聞きですね。

 

 

reddot10p.jpg蔦屋書店

 

建築に関する選ばれた魅力的な本がたくさんありました。

建築が好きな人が集まっていて、

空気が良かったです。

 

 

台風が近づいて大雨になったので、

カッシーナの椅子で、ひと休みさせていただきました。

 

 

未来は過去に戻る。未来は人に戻る。と感じました。

 

大きくなくて、小さく小さく。効率的に。

スペースも予算も、知恵とセンスで、工夫して無駄を作らない。

 

超未来的ではなくて、実用的な手に届きそうな

近未来の楽しい展示でした。

 

こどもの頃に「想像力を育む」ってどんな意味があるの?

人の「想像」は、未来を生むから、大きな意味があるんですよね。

 

 

市松の水辺で、みなさん楽しんでいました。

 

もっと、ありますが。このへんで。

HOUSE VISION さんおじゃましました。

 

おしまい。

 

写真・文 MOMO  もぎしづこ

| 建築 | 20:40 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









MOMO
心をそだてるおもちゃMOMO
〒370-0074
群馬県高崎市下小鳥町463-1
OPEN 11:00-18:00
CLOSE 火曜・第3水曜日
Tel&Fax: 027-362-3508
三角ホームページ
オンラインショップ
onlineshop
MOMOさんちのブログ
MOMOさんちのブログ
MOMO SNS
あたらしい投稿
カテゴリー
これまでのブログ
ブログ内検索